応募しめきりました!

先日ご案内しました「ふるさと魅力発見隊事業!茶摘み・手揉み茶体験者募集」は好評いただきまして、募集を締め切らせていただきます。
ご検討いただきました皆様、どうもありがとうございました!

茶摘み体験

茶摘み・手揉み茶体験者募集!

日本最北端のお茶「奥久慈茶」の産地に行って茶摘み&手揉み茶作りを体験しよう!

大子町はそろそろ奥久慈茶の収穫シーズンに突入です。
皆さんも雄大な山々と茶畑に囲まれて茶摘み&手揉み茶体験が同時に楽しめる豪華な内容です(お昼ご飯もついてきます!)
このシーズンしか味わえない体験です。是非ご家族で、お友達とご参加ください。
※応募締め切りは5/23までとなります。

茶摘み体験

開催日:令和3年6月6日(日)午前10時現地集合【雨天決行】

場  所:奥久慈茶の里公園
参加費用:お一人様1,000円(昼食付き)
募集人数:30名(小学生以上)小学生の場合父兄同伴願います。
所要時間:約5時間
申込方法:電話or FAXで(住所・氏名・電話番号・人数を申し出ください)
 ●申込先…奥久慈茶の里公園事務所     
  電話 0295-78-0511
FAX  0295-78-0992
※コロナウイルス感染状況により中止になる場合があります。

3月ミニギャラリー「開運神社めぐり 写真展」

奥久慈・大子町鎮座 開運神社めぐり 写真展

大子町には41社の氏神様が鎮座されております。
広くて大きい大子町の神社を巡るのも楽しいですが、ここ茶の里公園に各地の神社が大集合です!ぜひ茶の里公園で大子町の歴史や神社の面白さに触れ、各地へ散策はいかがでしょうか。

開催者からは「今回の写真展が大子町を訪れる観光客の皆様はじめ、多くの町民の歴史散策の一助となれば幸いです」とのこと。どうぞご来園くださいね。

「開運神社 写真展」
期間:令和3年3月6日〜31日
場所:茶の里公園 ミニギャラリー(無料)
営業時間:9:30~16:00
休館日:水曜日

1月のミニギャラリー「建物イラスト展」

作者は元大子町地域おこし協力隊の菊池さんの作品展

建物イラスト1

1月にミニギャラリーは元大子町地域おこし協力隊アート担当の菊池彩稀さんの「建物イラスト」の展示になります。

旅先で建物の写真を撮ることが好きだったという菊池さん。以前もミニギャラリーで写真展示をしてくださいましたが、今回はイラストです!繊細でノスタルジックな雰囲気…そして大子町のレトロな商店街建物の展示もございます。今回は茶の里公園も特別に描いていただきました!

ご本人の在廊日もありますので、是非ご来場くださいませ。

「建物イラスト展」
期間:2021/1/4(月)~1/29(日)
場所:奥久慈茶の里公園 和紙人形美術館ミニギャラリー
作者在廊日:1/7(木)・16(土)・23(土)・29(金)
入場料:無料(和紙人形の展示観覧は300円かかります。)

今年もやってくる!茶の里サンタ⁉︎

クリスマスにお買い物!プレゼントデーのご案内

大子町はふっかけ雪❄️現象が多くなりました。
こんな時期から雪だと、、ホワイトクリスマスを期待しちゃいますね〜。
さてさて、今日はクリスマスプレゼントデーのご案内です!

今年もやってきましたクリスマスプレゼントデー!
12/24~12/25の二日間、茶の里公園物産館でお茶やお菓子、お野菜など500円以上ご購入のお客様に茶の里サンタさんからささやかなプレゼントがもらえます!

なにがもらえるかお楽しみ!お菓子かな?雑貨かな??と楽しみながらお買い物してくださいね。
年末年始はお家にいることが多くなる今年。。
家族で大子町のお茶やお菓子、お野菜で食卓を楽しく囲むために、、是非茶の里公園でのお買い物をお待ちしております〜!

写真展開催中〈照沼章と仲間達3人展〉

12月のミニギャラリー展示中が始まりました

写真「照沼章」
撮影者:照沼章
写真展様子3
撮影者:平塚友義
写真展様子4
撮影者:浅野健治

12月のミニギャラリーは毎年恒例の写真展です。
3人のメンバーがテーマを決め、総勢約40点ものの作品が鑑賞できます。

「風景」写真がメインの照沼章さんは桜や彼岸花など季節の日常にフォーカスした風景写真。
「光を求めて」がテーマの平塚友義さんは朝日や夜のライトアップなど幻想的な空間を切り取ります。
「波」がテーマの浅野健治さんは荒れ狂う波の大胆な形や表情がダイナミックに写されています。

どの写真も撮影者のこだわりが感じ取れる作品です。ぜひごゆっくりご鑑賞ください!

「照沼章と仲間たち3人展」
内容:写真展示
期間:2020/12/1~12/25(※水曜日は休館です)
場所:和紙人形美術館ミニギャラリー
入場料:無料(※隣の和紙人形展示は有料300円です)


奥久慈大子フォト自由クラブの写真展開催中

芸術の秋といえば!ミニギャラリーで鑑賞はいかがですか?
写真撮影を趣味にされる方も多いかと思いますが、今回の展示は大子フォト自由クラブさんによる作品展が開催中です!

秋の紅葉の風景写真をはじめ、福島や栃木のなどお隣の四季折々の写真、そして野鳥や電車の写真など、幅広い被写体が作品となっております。約40点ものの作品は雄大さもあれば、繊細な、息を飲むような写真もあります。
是非紅葉をバックにご鑑賞ください。

開催期間:11月1日〜11月29日(日)
場  所:和紙人形美術館 ミニギャラリー
料  金:無料

2020年 常陸秋そば収穫祭開催です!

お待たせしました。今年は11月29日に開催です

今年も開催が決定いたしました、「常陸秋そば収穫祭」です。
新型感染症対策をしながらの開催となり、皆さんにはご迷惑をおかけいたします。
去年のような音楽のパフォーマンスや千人鍋のお振る舞いはございませんが、
今年収穫した大子町の秋そばと、その場で職人さんの手打ちそばをいただく美味しさは変わりません。
是非お互いに対策をしながら美味しく楽しく過ごしましょう☺️

※手打ちそばは限定200食分、整理券を発行して時間をずらしながらご提供させていただきます。

「常陸秋そば収穫祭」
開催日: 2020年11月29日(日)
時 間:9:00~14:00
場 所:奥久慈茶の里公園 物産館周辺
内 容:手打ちそば(整理券での販売限定200食)、軽トラ市でのお野菜販売

そば祭りポスター

ご来場の際のお願い

  • マスクの着用をお願いいたします
  • 消毒液の手洗い、検温のご協力お願いします
  • 受付にてお名前、住、電話番号のご記入いただきます
  • スマートフォンをお持ちのお客様は「いばらきアマビエちゃん」の登録のご協力をお願いいたします。
  • 3蜜を避けるため、1時間単位で手打ちそばの整理券を発行致します。例:10~11時に50名ずつ
  • 社会的距離をお守りいただくよう、ご協力よろしくお願いいたします
  • 大子町左貫地区にて彼岸花散策をしました!

    9月18日の午前中、アドバイザーの宮田先生とともに左貫地区の彼岸花散策をしました。茶の里公園で配付中の「お花見ウォーキング」マップや、自作のマップもございます、そちらを基に今回は散策いたしました。(途中、先生独自の散策ルートも入り、一同大盛り上がりです!)

    この季節の大子町はお米の稲穂、蒟蒻畑、お茶畑、そして彼岸花!と写真の宝庫です。
    参加者の方とのお話を楽しみながら、草花をカメラでパシャり!と楽しい時間でした。

    曇り空のなかですが、最後の彼岸花群生地では青空が出てくるという…サプライズにほっと一安心しました。

    ご近所さんへの挨拶をしながら、話し声のボリュームなども気をつけて、皆さん楽しく散策してくださいね。

    八溝を巡る文化財展開催中

    八溝山周辺地域の歴史に迫る、パネル展示

    和紙人形美術館のミニギャラリーでは新しい展示が始まりました。
    その名も…!「八溝山を巡る文化財展」です。

    大子町にある八溝山、は皆さん後存知かと思います。今回は八溝山周辺地域定住自立園という、八溝山に関わる3県8市町村について学べる展示となっております。

    富士山のように、八溝山も多くの地域と関わり合っています。しかも3県(茨城・福島・栃木)と8市町村(棚倉町・塙町・矢祭町・大子町・那珂川町・大田原市・那須塩原市)という広さ!
    大子町民はお出かけによく利用する地域ですが、そんな地域の歴史も学んでみませんか?
    地形のことや産業、歴史人物など分かりやすく展示されています。

    ミニギャラリー「八溝を巡る文化財展」について
    期間:9月29日(火)まで
    拝観料:無料(となりの和紙人形館は300円)

    また、展示パネルの他に大子町史も読めます!
    お茶などの産業、収支計算など、、色々記載されてまして、とても読み応えあります。買いたい!という方は大子町教育委員会・生涯学習担当さんで購入可能だそうです。
    読書の秋…ということで、、いかがでしょうか?😄📕